看護師が果たすべき役割

高齢社会がますます進行する中で、末期の病気を抱えてしまう患者のケアがより重要になってきています。いわゆるターミナルケアというのは、回復の見込みがなく死を待つばかりとなった患者の心と身体に願わくばの癒しを与えるための取り組みのことを言います。そしてターミナルケアをしっかりと施すためには、何よりも看護師の果たす役割は大きいと言えるでしょう。看護師は、家族以上に患者との距離が近い存在だと言えるかもしれません。医療についての専門知識を備えつつ、家族では解決しがたい末期患者の問題を解決するために、看護師の力は必要不可欠です。

・・・詳細

末期を迎えた患者というのは、どうしても心の不安を抱えてしまうものです。不治の病気に対する漠然とした不安、またその先にある死への恐怖などを抱え、身体だけでなく心まで挫けてしまう人も少なくありません。死に直面した患者というのは、とかく孤独に陥ってしまいがちです。そんな中で患者の話をよく聞いてあげたり、寂しさを感じないように頻繁に様子を見に行ってあげたりすることが、患者にとっては大きな癒しになり慰みになるということもよくあります。患者と共に同じ時間を過ごしてあげることが、患者の励みになることもあります。そして、ただ話を聞いてあげるだけでなく患者の心の痛みに耳を傾けてあげるということも、看護師の果たすべき役割として重要なことです。ほんの些細なことも患者にとっては大きな不安となることであり、それを看護師として共有することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です