ターミナルケアで行われていること

高齢化社会に突入し、病気を患う人や介護が必要になってくる人たちの増加が予想されています。自分たちの老後を真剣に考える人たちが出てきている中、病気や老化による延命治療を望まない意思が目立ってきました。それまでは、本人の意思を聞けずに家族が判断することがほとんどだったので、延命治療は珍しくはありませんでした。しかし、場合によっては治療費が高額になってしまったり、その治療で苦しむこともないとは言いきれない状況でした。そのため、徐々に自然の死を受け入れる考えが広がっていき、終末期をどう過ごしていくかが求められるようになってきたのです。

こういった現状からターミナルケアが取り組まれるようになり、終末期の患者さんを主に扱う病院または介護施設などが増えてきました。医師や看護師などのスタッフがある程度の処置をしながら温かく見守っていく体制となり、家族がいない場合でも最期を看取ってくれるのです。また、住み慣れた自宅で最期を迎えたい人も多く、その場合は同居する家族が主に世話を行い、医師たちが定期的な訪問診療で状態を診てくれます。こういった取り組みは、やはり専門のスタッフがいてからこそ、肉体的・精神的負担を抑えた状態で過ごしてもらうようにできています。本人も無理のない処置でいつも誰かが傍にいてくれることに安心もでき、人生の締めくくりを満足のいく形で受け入れている人も多いのです。このように、ターミナルケアへの関心が高まるにつれて、その取り組みの内容やスタッフの確保もこれからますます必要となってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です